理由もなく惹かれるものを信じ続けたい〜Tomoyoの、自分を好きでい続けるための、3つのこと〜

Tomoyo|コンテンツディレクター

1991年東京生まれ。IT企業でエンタメメディア・ニュースメディアの編集を経てフリーランスに。D2CブランドのSNSやメディアでのコンテンツ製作を中心に活動中。

 

 

自分を好きでい続けるための、3つのこと

 

#01 MY DINING

食材にこだわった、メリハリある食事

在宅ワークの日は、手軽に栄養を取れる食事を意識してGREEN SPOONに頼ることが多いですね。冷凍庫に常備されていて、今や私の生活には欠かせない存在です。

 

反対にお休みの日は、行ってみたかったレストランにでかけたり、作ってみたかった料理にチャレンジしたり、時間をかけるようにしています。自炊では、気分が上がる食材を買うようにしていますね。好物のチーズや生ハム、紅茶は少し高くても絶対にいいものを買うようにしています。もともと外国のスーパーが好きで、外国へ行ったときには必ず行くようにしていました。味はもちろん、その国ごとの食文化や、製造法、原材料を調べながら食べて楽しんでいます。

#02 MY LIFE

好きなことを追求し、仕事にも活かしたい

現在私はフリーランスとして、ブランドのSNSやオリジナルコンテンツの編集をしています。もともとIT企業で働いていたのですが、副業でお手伝いさせていただいた仕事で、趣味の美術館巡りや語学でのインプットが仕事に活かせることを知り、独立を決意しました。

 

昔から美術館が好きで、月に1〜2回は行っています。特に現代アートが好きで「なんでこれを作ったんだろう?」と想像しながら見るのが好きなんですよね。学生の時にフランス留学した際も、各地の美術館を巡りました。その時の経験をきっかけに、語学にも興味を持ち、英語とフランス語の他に、最近では韓国語とロシア語も勉強しています。とにかく知らないことを知っていくのが好きなんです。

 

外国の言葉がわかると、海外のソーシャルでの発信や文献の内容も理解できるのでインプット量が増え、新しいアイデアも出せるんです。これからも自分の興味があることをどんどんインプットし、仕事に生かしていきたいと思っています。

#03 MY DREAM

自分の感性を刺激するものに囲まれていたい

自分にとって楽しいもの、きれいだと思うものをどんどん増やして、それらに囲まれる暮らしがしたいです。これからも自分が素敵だと思える企画やコンテンツを世に出して、それを誰かにいいなと思ってもらえたらうれしいですね。

 

また、理由もなく惹かれるものを信じることも大事にしています。「人気だから」「流行っているから」「ニーズがあるから」ではなく、理由もなく惹かれるものこそが、最終的に自分の武器や特徴になっていくのではと思います。そのため、これからも周りの目に流されずに自分が惹かれるものを信じて挑戦し続けたいですね。

#MYGREENSPOON 

Dramatic Beets

私のお気に入りは、ビーツなどの珍しい食材を使ったヘルシーな野菜ボルシチ「Dramatic Beets」です。オートミールを一緒にいれて温めると、満足感がさらに増して、これだけで仕事中のランチはお腹いっぱいです。「Dramatic Beets」に限らず、GREEN SPOONは外国の食材や食文化を取り入れたレシピが手軽にたべられるところが好きなので、これからもあり続けてほしいです。

 

GREEN SPOONはリリース当初から食べているので、歴代のお気に入りメニューが沢山あります。いくつもお気に入りがあるので、毎回注文時に迷ってしまいますね。今は月に12個のプランなのですが、20個のプランに変更しようか考えています。

 

お気に入りはまだあります(笑)。最近は「Ciao!」をアレンジして食べることにハマっています。サラダチキンやゆで卵を適当に切ってそのままのせるだけで、タンパク質がしっかり摂れるパワーサラダに。バジル風味のドレッシングがどんな食材にも合うので、そのときの気分に合わせてチーズやツナなどもトッピングしています。

 

商品情報はこちら ▷ Dramatic Beets

 

自分を好きでい続けるために、心惹かれるものに出会うアンテナを広げ続ける

自分が培った感性は社会がどう変わってもゆらがないと思っています。自分の中で綺麗だな、素敵だなと思うものが沢山あれば、どんな時代になっても自分を好きでい続けられる気がしているんですよね。美術館や語学の勉強はもちろん、できるだけ自分が好きだと思うためのアンテナを増やし続けたいなと思っています。 



Twitter:@akanosaka_23



ストーリー 一覧